Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C2] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://muphyssoliloquy.blog133.fc2.com/tb.php/13-5919b869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

被災地から皆さまへ


あの未曾有の大震災から、早一ヶ月以上が経ちました。

私の住む宮城県は、皆さまご存じの通り、沿岸部をはじめとしてとても大きな被害を受けました。



私は宮城県南部の大河原町というところに住んでいますが、こちらは内陸にあるため、津波被害を免れました。

道路については、陥没や液状化現象等大きく被害を受けたところもありますが、補修も徐々に進んできています。


しかし、依然として大津波の被害を受けた沿岸の地域では、未だ瓦礫が大量に残っている状態です。




私は4月から、宮城県の沿岸部を持つとある市で勤務しています。

本来ならばスーツで出席する辞令交付式。

上下ジャージにスニーカーという服装で出席しました。

研修もなく、現在は避難所等で毎日様々なことをさせて頂いています。





関東の方では、こちらの情報が日々どのように伝えられているのかわかりません。

最近では、原発のニュースが多くなってきているでしょうか。


当初は、民放でも通常番組は少なく、避難所の声などが多く放送されていましたよね。

しかし、放送がほぼ通常体制に戻った今、どうでしょうか。




私は、この震災によってたくさんの人々が負った心の傷を、津波被害を、原発事故で苦しみ続けている人がいることを、忘れてほしくありません。
時間の経過とともに人々に忘れられてしまう事が、もっとも怖いことだと思います。


どうか、決して忘れないでください。

家を失い、避難所生活を強いられている人々がまだたくさんいることを

原発事故による根拠なき風評被害で、想像できないほど苦しんでいる人々がいることを



私は、自分の目で津波被害の現状を目の当たりにしました。

ニュースや新聞で見る写真とは、比べ物にならない光景でした。



「言葉を失う」

初めてこの意味をわかった瞬間でした。



それでも、みんな力強く生きています。
本当は辛いはずなのに、それを表には出さず、粛々と毎日を送っています。

笑顔がこぼれる瞬間だってあるんです。



今回の地震が、99%の確率で発生するといわれていた宮城県沖ではないという話もあり、未だ私たちは毎日の余震におびえながら生活しています。

また、あの大きな地震が来るのではないかと思うと…



でも、縮こまってばかりもいられないんですよね!


これからの、宮城のために。
これからの、東北・関東のために。


今できることから、一緒にはじめていきませんか?

小さなことからでもいいです。

小さなことでいいんです。


小さなことを、続けることが一番大事なんです。




ともに頑張りましょう。
大切な故郷のために
日本のために


そして、毎日を精一杯生きよう。















スポンサーサイト

コメント

[C2] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://muphyssoliloquy.blog133.fc2.com/tb.php/13-5919b869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。